歯の色は生活習慣や加齢により色素が沈着し、色が濃くなっていきます。
白い歯にするには表面のお掃除だけでは不十分で、沈着した色素成分を溶かす必要があります。歯科医院でのホワイトニングは沈着した色素成分を溶かすことにより歯を白くします。
かぶせなどで治療をする前にホワイトニングをしてから治療を行うときれいな仕上がりになります。
ホワイトニングで歯が明るくなると口元が華やかにになります。

3種類のホワイトニングの方法から選ぶことができます。

新しい炭酸水素塩の薬剤を用いたオフィスホワイトニング
従来のホワイトニング材より、より白くより長持ちすると言われています。
ホワイトニングしたその日に歯の色が明るくなります。
定期的にすることも可能です。

お口にぴったりあうマウストレーをご用意いたします。
ご家庭でこのトレーにホワイトニングの薬剤を入れていただき歯を白くします。
ご自分のペースでホワイトニングができ、徐々に白くするのでご自身の良いところで止めることもできます。
ゆっくり白くするので、その分後戻りも少ないです。

最もおすすめのホワイトニングです。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を行います。
まずオフィスホワイトニングを行い、その後ホームホワイトニングをします。
通常のホワイニングに比べ、より白く、より長持ちすることができます。

 

ホワイトニング治療手順

01
診察、説明 お口の状態の記録 ホワイトニング前のクリーニング 歯型どり
02
ホワイトニング実施
 
03
ホワイトニング後の記録 ホワイトニング後のクリーニング フッ素塗布

Q and A

https://chiryukyogoku.com/wp-content/themes/cure_tcd082/img/common/no_avatar.png

ホワイトニングで誰でも白くなりますか?

https://chiryukyogoku.com/wp-content/themes/cure_tcd082/img/common/no_avatar.png

ほとんどの方の歯は白くなります。
但し、歯の質は一人一人個性があるため、白さの変化にも個人差があります。
またホワイトニングをする回数などにも影響を受けます。
中にはホワイトニングの効果が得られにくい歯の質の方もおられます。当院ではホワイトニング前に診察をさせていただくことにより、歯の質を確認した上で治療するかどうかを判断いたしております。

https://chiryukyogoku.com/wp-content/themes/cure_tcd082/img/common/no_avatar.png

被せものをしたところも白くなりますか?

https://chiryukyogoku.com/wp-content/themes/cure_tcd082/img/common/no_avatar.png

また、被せものなどの治療をした部分の色を白くすることはできません。
白いかぶせをする場合には先にホワイトニングをしてから作製することをお勧めしております。

https://chiryukyogoku.com/wp-content/themes/cure_tcd082/img/common/no_avatar.png

ホワイトニング用歯磨き粉で磨くのと違いがありますか?

https://chiryukyogoku.com/wp-content/themes/cure_tcd082/img/common/no_avatar.png

歯磨き粉のホワイトニング作用は表面の着色を取る作用と考えられます。歯科医院でお掃除するのと同じような効果に近いのではないでしょうか。歯科医院でのホワイトニングは内部の色素沈着を溶かすので効果や作用が違うと考えられます。